本屋好きの日常

BOOKSHOP LOVER=本屋好きの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2011年の漢字が「絆」ってどうなのさ 

SPBS作家・ライター養成講座のコーナーです。目的は文章の説得力と読ませる力をつけること。感想・批判・賛同・反対などなどコメント頂けると嬉しいのです。講座の条件は以下の通り。

今回は1月の第1回分です。テーマは具体的テーマ「2011年」か抽象的テーマ「すっきり」。僕は「2011年」を選びました。
以下、本文です。どぞ~。

***

タイトル「 2011年の漢字が「絆」ってどうなのさ 」


2011年は人と人との「繋がり」が注目された年だと思う。東日本大震災、アラブの春などインターネットの力を借りて「繋がり」の力が示された年だった。

そんな中、日本漢字能力検定協会が2011年の漢字は「絆」と発表した。なぜ「繋」ではないのかという疑問もあるが、それ以上に僕はこの言葉に気持ち悪さを感じる。「絆」は「断つことのできない人と人との結びつき」を意味するが、僕には特にポジティブな免田を毛を強調する言葉のように思えるからだ。

物事には必ず表と裏がある。「絆」が人と人との繋がりのポジティブな面を表すとしたら、ネガティブな面を表すのは「しがらみ」だ。何せ絆というほどの深い繋がりである。例えば家族だ。家族のために頑張ることも出来るが、逆にあきらめなければいけないことも多いだろう。一般的に言って突然一人旅に出てみたり会社を辞めたりすることは妻子持ちでは難しい。それでも、家族ならまだ良いほうだ。これが会社や地域に広がっていくとさらに絆=しがらみも増える。そのマイナス面を無視して絆と言い切るその無神経さが僕には気持ち悪いのだ。

家族も地域も助け合いで成り立っている。それは素晴らしい。しかし、あくまでもひとりひとりを助けるための装置である。個人のための家族や地域であってその逆ではない。個人が自由に快適にやっていくために存在しているはずのものが、いつのまにか個人の自由を、快適さを制限してしまう。手段が目的化してしまうことに僕は気持ち悪さを感じるのだ。

東日本大震災では多くの人々が被害にあった。大変な苦境に立たされた人も多いことだろう。そんなときはいつもうざったかった家族や地域の人たちがやけに温かく感じるものだ。さらに支援が多くの国や会社、若者たちから届けられた。コミュニティや地域が見直されるようになってきた。そういう状況を見て直接の被災者ではなくても人との繋がりに温かみを感じた人は多くいたのだろう。2011年の漢字が「絆」というのも頷けるというものだ。

しかしそれでも、僕は言いたい。それは物事の一面でしかないと。人との繋がりには悪い面もあるのだということを。東日本大震災でも血縁地縁のしがらみにより放射能の恐怖から逃れられなかった人がいたはずである。だから、僕は2011年の漢字は「繋」だと言いたいのだ。その方が2011年をクリアに表していると思うのだ。

***

如何でしたでしょうか。

2011年の漢字に対する違和感について書いてみました。「誰かの為に」とか「何かの為に」って言葉を安易に使うのには賛成できないのですよね。これについてはまた後日、書こうと思っていますがメリットばかりが強調されて、デメリットが意識されていないように感じるのです。使い方によっては危険な考え方なのに。

それはさておき、以下、講師からの評価です。

評価点:

指摘点

うーん、今までのを考えても僕の陥りやすい罠として骨組みが良くても肉付けがイマイチというのが挙げられそうですね。主張は分かるのだが、説得力が弱いという。具体例についてはもっと考えたほう良いかもしれません。

文章力向上のためにもご意見・感想、批判、指摘なんでも良いのでコメント待ってます!それでは~。
スポンサーサイト
  1. 2012/09/25(火) 21:34:57|
  2. SPBS作家・ライター養成講座の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美肌と蚊とリアリティ

SPBS文章通信講座のコーナーです。目的は文章の説得力と読ませる力をつけること。感想・批判・賛同・反対などなどコメント頂けると嬉しいのです。講座の条件は以下の通り。

今回は2月の第1回分です。テーマは具体的テーマ「地方」か抽象的テーマ「なめらか」。僕は「なめらか」を選びました。東京生まれ東京育ちの自分に語れる「地方」はないかと思いまして。以下、本文です。どぞ~。

***

タイトル「 美肌と蚊とリアリティ 」


滑らか過ぎる肌が苦手だ。どうも人工的で冷たい気がするからなのだが、ザラザラしてたりデコボコしているのはもっと嫌だったりする。不健康や怠惰を思いこさせてしまうのだ。本当にキレイなのは滑らかな肌にちょっとしたキズやデキモノがあるときだろう。そこにキレイなだけじゃ片付けられない人間本来の生々しさを感じる。

先日、通勤電車内で美人とでも言えるようなキレイな女性が座っていた。整った顔立ち。完璧な化粧と服装。髪型だって完璧だ。他の男性客は目を合わせないようにしながらも彼女を意識していることが分かる。ところが、なぜか僕は彼女に惹かれることができなかった。なんだか作り物のような気がしたのだ。

電車が揺れて彼女の足がよろけた。そのせいで彼女は僕の体にもたれかかる形になってしまう。

「すいません。」

彼女は気恥ずかしそうに態勢を整えた。その時彼女の首筋に蚊に咬まれた跡が見えたのだが、それだけでドキドキしてしまった。それまで考えられないほどのドキドキ。傍から見たら赤面していたはずだ。

なぜだろう。考えてみるときっと彼女が僕にとって生きた人間になったということだと思う。作られた顔や髪型、服装。それらは確かにキレイだが、僕の心には迫ってこなかった。ガチガチに固めた理性の様ヨロイのように見えたのだ。そんな固そうなもの僕は苦手だ。ところが、首筋の咬まれ跡一つで彼女は僕にとって同じ生きた人間のように見えた。その綻びのようなものに人間を見たのだ。ご飯を食べて排泄してセックスして眠る。同じ人間(しかもとびきり美人!)のように見えたのだ。

世の中には自然なように見せかけて実は意図的に加工されたものが山ほどある。サンプル食品。スーパーに売られているやけに形の揃った野菜や果物。美人女優のすべすべの肌。滑らかなものとでこぼこのもの。加工物と自然。またはその中間。

加工されたものは人間が手間暇をかけて作り上げた努力の結晶である。キレイに見せたい。魅力的に見せたい。そういった気持があるから、見た目を整えて揃えて滑らかに。キレイにするのだ。だが、それの行き着く果ては本当に魅力的なのか。人間は共感できる個所があってこそリアリティを持って他者を認めることができるのだ。ガチガチに化粧したり完璧にキレイにしたものは、共感できないし案外デコボコな部分が少しあった方が魅力的に見えるのではないだろうか。少なくとも僕はそう思う。

***

如何でしたしょうか?書きながら考えた割にはうまくまとまったと思うので、自信アリでした。さて、講師の方の意見はどうでしょう。

評価点:

指摘点:

以上です。全体として今回は好評でしたね。ただ、前回の添削を踏まえて、普遍性を意識しすぎた感はあるかもしれません。どうも自分はロジックや普遍性を強く意識しすぎるキライがあるようですね。「個人的体験や嗜好をいかに説得力を持って示すか」。ここに今後の肝がありそうです。

そんなわけで、文章力向上のためにもご意見・感想、批判、指摘なんでも良いのでコメント待ってます!
  1. 2012/09/25(火) 21:33:47|
  2. SPBS作家・ライター養成講座の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「イライラ人と僕」

SPBS文章通信講座のコーナーです。目的は文章の説得力と読ませる力をつけること。感想・批判・賛同・反対などなどコメント頂けると嬉しいのです。講座の条件は以下の通り。

今回は1月の第1回分です。テーマは具体的テーマ「消費税増税」か抽象的テーマ「イライラ」。僕は「イライラ」を選びました。

今回は迷いました。消費税増税については僕は賛成ですが、それを千字でまとめきれる自信もないし、かといって「イライラ」について書きたいこともない。散々迷った挙句、イライラで書き始めたら…案外イケるものですね。まずは手を動かすことが重要だということでしょうか。以下、本文です。どぞ~。

***

タイトル「イライラ人と僕」


イライラする人が嫌いです。電車が遅れてイラッ。友人が遅れてイラッ。仕事を覚えない後輩にイラッ。そんなちょっとしたことでイライラする人が本当に僕は嫌いです。それはイライラが何も生み出さないばかりでなく人の邪魔すらするからです。

彼や彼女(イライラ人と呼ぶことにします)はそのイライラが周囲をイラつかせていることに気づかない。自分は正しい。間違っていないと思い込んで間違っている人やコトにイライラする。そのくせ自分が正しいと思っているものだから、出てくる台詞は「自分勝手だ」「人の気持ちを考えろ」。絶対的に自分が正しいことなんてあるわけないのに。そんなこと考えたこともないのか。イライラ人は自分の非を認めません。

仕事でこんなことがありました。僕は先輩に言われた通りに仕事をしていました。ところが、突如その先輩は怒りだしました。ガミガミ。ガミガミ。ヒステリックに言ってきます。「私の言っていること分かる? 」僕は答えます。「分かりません。」すると先輩は深いため息をついてそっぽを向いてしまいました。このとき、僕にはその人がその場で言っていることは理解できたのですが、以前言っていたことと合わせて考えると全く理解できません。以前は「Aしろ」と言ったのにそうしたら怒ったのです。僕は納得したふりをして相手にしないことにしました。イライラ人には何を言っても無駄だからです。

イライラは生産性を減らします。本来、集中しているときに生産性が高まりますが、イライラは集中を邪魔します。その上、他の人の集中の邪魔すらします。また、たとえ相手に非がある様に見える場合でもイライラガミガミすると相手は委縮してしまうばかりで現状の改善にはつながりません。

そう思ってはいるのですが、僕もイライラ人になってしまうことがあります。任された仕事がうまくいかないときや楽しみにデートが台無しになってしまったときです。そんなときは深呼吸してスパンを長くして考えることにしています。1週間や1ヶ月の単位で考えると自分のイライラが馬鹿馬鹿しいことに思えてくるからです。

誰の心の中にもイライラ人は住んでいると思います。子供にも大人にもおじいちゃんにもおばあちゃんにも。このイライラ人をどう飼い慣らしていくか。そして、イライラ力をいかに生産性に繋げていけるか。イライラ人全開の先輩を見て、こうはならないぞとそんなことばかり考えているのです。

***

如何でしたでしょうか。初め迷っていた割にはうまく書けたと思います。イライラはするのもされるのも大っ嫌いですからね。きっとそれが言語化されたのでしょう。また、「自分の思いが伝わるか」「言葉のリズム」「読みやすさ」「共感」をハードルとして意識して書きました。うまくいっているでしょうか。評価が楽しみですってことで、以下、講師からの指摘点です。

評価点:

指摘点:

この指摘は反省したと同時にかなり嬉しかったです。「基礎レベルを習得しているっぽいので、次の段階に進んだほうがいいのでは?」という分かりやすい指摘。自分ひとりで色々と活動していく中で、足りない部分をまさに言い当てられたという気分です。オリジナリティとリアリティ。原稿の企画化。アングルの工夫。取材の有無。勉強しないといけないことは多そうです。まずは企画の本でも読もうかなー。

文章力向上のためにもご意見・感想、批判、指摘なんでも良いのでコメント待ってます! それでは~。
  1. 2012/09/25(火) 21:31:48|
  2. SPBS作家・ライター養成講座の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

未来って本当に知れるの?

SPBS文章通信講座のコーナーです。目的は文章の説得力と読ませる力をつけること。感想・批判・賛同・反対などなどコメント頂けると嬉しいのです。講座の条件は以下の通り。

今回は1月の第1回分です。テーマは具体的テーマ「京都議定書」か抽象的テーマ「未来」。僕は「未来」を選びました。京都議定書に関して価値のあることがいえるとは思いませんので。以下、本文です。どぞ~。

***

タイトル「 未来って本当に知れるの? 」


「未来を知りたい」という願望は誰にでもあると思う。しかし、それが叶うことはあるだろうか?
未来は本質的に不確定だ。不確定だからこそ未来だとも言える。知ることができた未来は記録に過ぎず、それは単なる予定である。

予定とは今より先における想定の範囲内で考えた行動の記録である。例えば、僕が8 時発の電車に乗り8 時半に出社できるように予定を組んだとしよう。このとき、想定どおり8 時に電車が発車すれば予定通り出社できるが、想定が外れて電車が遅延などした場合、8 時半に出社することはできない。想定どおりなら僕は未来を知っていたとおりの行動をしたことになり、電車が遅延したなら僕は未来を知っていない行動をしたことになる。だれも遅延が起きるかどうかは知らない。ということは、遅延を予知できれば未来を知っていることになる。これは他のことにも言えるので、全てを知ることができれば未来を知ることができると言える。「未来を知りたい」という願望は全てを知ることが出来れば叶うのだ。

だが、本当にそうだろうか。未来は不確定だからこそ未来なのではないだろうか。

そう思って考えてみると上の例に間違いがあることに気づく。僕の行動が抜け落ちているのだ。どういうことかと、未来を知って行動した僕はいつもより早く起きて通勤するだろう。そして、いつもと同じ8 時半に出社する。この行動は本来あるべき未来である「遅延に巻き込まれて8 時半に遅れて出社する」とは違う未来だ。これでは「予言者」ではなく単に「遅延を知ることができて運が良かった人」である。やはり、未来を知るということは不可能なのだ。

さて、未来を知りたいという考えがナンセンスであるなら、なぜ未来を知りたいと思うのだろうか。未来にはなってみないと分からないのに。僕は当事者意識がないせいだと思う。未来を知りたいと願う時、その人は自分も未来を構成する一人なのだということを忘れているのだ。遅延を知らない未来と遅延を知っている未来は違うということなのだ。

僕はだから未来は知るものではなく作るものだと思っている。未来を構成するものの一つとして自分が望む未来になるように行動すること。そのために未来を具体的にイメージしてそこに至るための道を考えること。それを積み重ねたとき、過去を振り返れば未来を知っていたかのような行動を自分がしてきたと他人は感じるのだろう。未来は行動からしか生まれないのだ。

***

如何でしたでしょうか?今回は自分としてもかなり出来が悪かったなーという印象でした。それもこれもギリギリまで忘れていたという初歩的なミスのせいですが。以前に同じ「未来」というお題ではうまくいったことを考えると、どうもまだ完成度にムラがあるようです。さて、以下が講師の方の評価です。

評価点:

指摘点:

いやー、ボロボロですね。いくら出来が悪いと思っているとはいえ、これを読んだ時は結構へこみました。中途半端なものを出してしまったこと。気の緩みがあったこと。次回からは心を入れ替えてやろうと決めたのでした。

真面目に反省点を挙げると「未来とは当事者意識を持って参画することで作られる」という主張を伝えるためにどうすれば良いか」の考えが浅かったように思います。ロジックを考えるだけで精一杯で、それを「いったん崩して伝わる形に再構成する」という手順が抜け落ちていたのですね。結果。例にしても文章構成にしても全く刺さらない文章になってしまった。

この次は、反省して頑張りました…はずww 次回をお楽しみに!文章力向上のためにもご意見・感想、批判、指摘なんでも良いのでコメント待ってます!
  1. 2012/09/25(火) 21:30:25|
  2. SPBS作家・ライター養成講座の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「落ち込んだときは体を温めれば良いと思います」

SPBS文章通信講座のコーナーです。 目的は文章の説得力と読ませる力をつけること。感想・批判・賛同・反対などなどコメント頂けると嬉しいのです。講座の条件は以下の通り。

今回は12月の第2回分です。テーマは具体的テーマ「師走」か抽象的テーマ「ほかほか」。僕は「ほかほか」を選びました。どうも抽象的テーマの方が評価が良いように思われるので。以下、本文です。どぞ~。

***

タイトル「 落ち込んだときは体を温めれば良いと思います。」


生姜が人気らしい。「体を温めてくれるから冷え性やダイエットに効く」というので注目されているようだ。確かにここのところ冷えてきたし温めてくれるものならみんな欲しがるだろう。いつもならひねくれものの僕はみんなが欲しいものは欲しくなくなってしまうのだが、体調を崩していたというのもあり、体に良いのならと思って紅茶に入れて生姜紅茶として飲むことにした。変な味だ。でも、確かに温まる。飲み始めて2週間。体調不良は見事に治り、むしろ元気になった。そこで思いついた。もしかしたらこれを落ち込んでいるときにも飲んだら嫌な気持ちが軽くなるかもしれない。

というのも「体と気持ちはつながりあっていて、体を温めるということは気持ちをも温めて元気を出すことにつながるのではないか」と考えるからだ。

例えば、「温かい」とか「冷たい」という言葉は皮膚感覚である。その言葉を「温かい対応」とか「冷たい目」とか直接的に体が温まったり冷えたりすることではないことにあてる。ここで温かかったり冷たかったり感じるのは気持ちだ。温かい対応をされれば嬉しいし冷たい目で見られれば悲しい。嬉しさはポジティブな気持ちで悲しさはネガティブな気持ちだ。このことは体が感じる寒暖と気持ちが感じる寒暖(ポジティブとネガティブのことだ)がつながりあっていることの証拠だろう。

また、調べてみると「(2)低体温で意欲低下」(2011年9月11日付 読売新聞)という記事があった。これによると体温の高低は意欲の高低と関係しているとされている。体温が高いときはやる気があり逆に低いときはやる気がないのだ。そういえば学生時代、朝起きるのが嫌いな僕は学校に行くことが本当に嫌いだった。ある日、朝食後に体温を測ってみると34.6分。そりゃやる気も出ないというものだ。

こう考えてみると、気持ちをコントロールするのに体温管理が重要なのだと気づく。例えば、僕は仕事でミスをしたりして落ち込んだときは風呂に入ったりして体を温めるようにしている。二度とミスしないように対策を考えたらそれ以上落ち込んでも無駄だからだ。だが、そうは言ってもやっぱり落ち込んでしまうこともある。それはそれまでの落ち込みで体が冷えているからなのだ。だから、そういうときは風呂でも生姜紅茶でも何でもいい。体を温めればやる気が出てくるし少なくとも嫌な気持ちは軽くなる。落ち込んだ時のオススメの処方箋である。

***

如何でしたしょうか?ご意見・批判等あるかもしれませんが、まずは講師の方の評価を書いておきます。

評価点:

指摘点:

以上です。全体として今回は好評でしたね。今、読み返してみても我ながら結構イイ感じ。ただ、もう少し接続詞は少なくてよかったかもしれません。これまでが肩肘張っていたところ、力が抜けた印象です。身近なことを書くほうが向いているのかもしれませんね。まあそれも勉強不足なだけかもしれませんが。

そんなわけで、文章力向上のためにもご意見・感想、批判、指摘なんでも良いのでコメント待ってます!
  1. 2012/09/25(火) 21:30:05|
  2. SPBS作家・ライター養成講座の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

主な活動


本屋をもっと楽しむポータルサイト

本屋好きの営むネット古本屋(開店準備中)

プロフィール

wakkyhr

Author:wakkyhr
ネット古本屋・本屋好き・本好き・イベント企画。本屋で面白いことをしたいのです。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。