本屋好きの日常

BOOKSHOP LOVER=本屋好きの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

DVD:アマデウス

 音楽ものの映画が好きなので、借りる

 かの有名なモーツァルトの人物像やら人生について、老人になった同時代の宮廷音楽家サリエリの目線から語る、という形式の映画

この映画、一言で言うと

サリエリの愚痴」

なんだけど、それも無理もない。
 だって、サリエリ、本当にかわいそうなんだよ
 
 小さい頃から、憧れていた音楽の道に(サリエリ的には)神のご意思で、進むことができて、めでたく宮廷音楽家にまでなれたところまでは良かった
 けど、天才だと評判高いモーツァルトと出会ってみたら生理的に大嫌いな奴で、でも、才能だけは飛び抜けてあるもんだから、王様の前で貶されたりしても、認めざるを得ない
 しかも、無類の女好きのモーツァルトに、密かに思いを寄せていた女性まで取られてしまって、さあ大変!

 神様のお陰で夢である音楽家になれたと思っているサリエリは、それまで、敬虔なキリスト教信者として、謙虚な人格者で通っていたのだけれど
 あんな奴(モーツァルト)に音楽の才能を与えている神様なんてもう信じてやるもんか、祈ってなんてやらないんだもんね!あんな奴(モーツァルト)、復讐してやるもんね!
ってなもんで、復讐の鬼になるのでありました

 そこからのサリエリはそれはもう陰険!
 モーツァルトの前では良い顔をしつつも、裏では貶めようと仲間(モーツァルトは革新的なことをやっていたので、当時の偉い人たちからは嫌われた)と手を組んで大暴れ
 しまいには、秘密裏にモーツァルトに自分のレクイエムを書かせて、殺した後に葬式で流してやるんだもんね
 なんつって、精神的に追い詰める追い詰める

 でも、やっぱり音楽が大好きなサリエリは、憎きモーツァルトの音楽的才能の前にはひれ伏すしかなく、悪い奴にもなることができなかったので、自分で手を下すことはできないのでした


 まあ、サリエリが、モーツァルトが就職できないように(「当時の音楽界では、演奏だけでは食って行けず、お金持ちの教師になるのが音楽で定期収入を得る数少ない道だった」と映画ではされている)手を回していたせいで、モーツァルトはろくなものも食えないで過労になって死ぬんだから、間接的には手を下したみたいなもんなんだけどね

 

 ここまで読んでいると、サリエリ極悪じゃねえか、かわいそうなんかじゃねえよ
って印象を持つと思うんだけど、映画を観ているとそうは思えなくて

 だって、モーツァルトが本当に最低なんだ
 
 奥さんいるのに他の女に手を出しまくるし、定職なくてお金ないのにパーティーばっかして遊びほうけているからすぐお金に困るし、しかも職探しでお願いしに行っても普段の素行が悪すぎて(あと生徒の女性に手を出すという噂をサリエリに立てられて、ま、さもありなん、だけど)断られるし、態度を改めれば良いものを自分の音楽が最高だっていうのを知っているから無駄にプライド高いくて改められないし、奥さんは家事出来ないけどその分お金の面でよいマネージャー役を演じてくれているのに断った大衆演劇の仕事を勝手にしちゃうし・・・

 モーツァルトにいくら悪気がなかったと言っても、そして、サリエリが女を取られた逆恨みってのを差し引いたとしても、最低だよなあ

 でも、それだけ、最低な奴でも、音楽はやっぱり最高なんだよな
 あと、革新的なことをやろうとしていたってところは好きだった


 そんな感じで、この映画は、モーツァルトっていうとクラシックの大家だろ?なんか難しそう・・・
と肩肘張って見るものではないので、昼メロを見るような気分で観てもさして問題ないかと思います
 いい意味で裏切られた、って感じ
 

最後に

 モーツァルトの奥さん、かわいすぎだろ・・・欧米人であんなにかわいいと思った人はナタリー・ポートマン以来だ


スポンサーサイト
  1. 2010/10/27(水) 20:54:20|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DVD:ココ・シャネル

現在のファッションにもっとも大きな影響を与えたデザイナーが彼女だということで、興味を持った
 
 去年の今頃に公開されていたと思うのだけれど、そのときに主演のインタビュー映像を見たことがある
 そのときに女優が「彼女(シャネルのこと)の輝かしい部分ではなくて、彼女が成功するまでに舐めた辛酸や女性としてのシャネルなど、彼女の人間の部分をよく描いているからこの作品の主演になったのよ」みたいなことを言っていた。

 実際、観てみると主演女優が言ったことの意味がよく分かった
 シャネルが成功した理由を描いたサクセスストーリーというよりは、当時の社会背景を元にシャネルの人間性や男性事情を中心に描いていた
 
 作品中でシャネルは一貫して自立した女性を志向しているが、彼女が生きていくためには2人の愛人に頼るしかなかった
 シャネルは愛人に囲われて生きるが、自分を曲げることはせずに思ったように行動する
 愛人はそんなシャネルの性格を好むんだけど、一人目の愛人(フランス人で生活面でのシャネルのスポンサー的愛人、以下「仏愛人」)はシャネルが考案するデザインには興味を示さない
 当時の慣習(女性はコルセットをつけてひらひらした服を着ていることがお洒落であるという固定観念)に、仏愛人は縛られているんだ
 だけど、毎日パーティー三昧の生活に嫌気が差していた頃に、二人目の愛人であるイギリス人(シャネルの事業面でのスポンサー的愛人。事業成功後に交通事故で死んでしまう)と出会う
 彼は、シャネルのデザインに価値を見出して出資を申しでて店を出させてくれる。そして、シャネルは当時の社交界で一躍有名になり、シャネルブランドを確立する。

 といった内容なんだけど、上述したようにシャネルの服や帽子はアクセントとして出てくる程度で、あくまでもメインはシャネルの性格や愛人関係になっていた

 
 こういう有名人の伝記というのは概して「~礼賛」みたいな内容になるのだけれど、特にそういった傾向はなく淡々とシャネルの反省を描いていて、そこに好感を持った。

 まあ穿った見方をすると、シャネルは、したたかにフランス社交界を渡り歩いてしかも自分の価値(シャネルブランド)まで確立するという、結構えげつない女性である、とも言える

 このDVDだけの感想としてはシャネルがどんな半生を歩んだかの一面を誇張なしで知れる、という点で興味深い作品だった
 けれど、wikipediaなどで、ココ・シャネルについて調べると、シャネルが女性の自立を志向しているわけではなかったり、後半生ではドイツ人将校の愛人になっていたり、とこのDVDがシャネルの全てを(そりゃ当たり前だけど)表現し切れていないし、また、誇張はしないまでも語弊を招くような表現があった(wikipediaを信じたらだけど)ともいえるので、
 まあ最近公開されて人気の出た作品だし、シャネルやファッション史のことを知る上での入り口にはちょうど良いのかなあ、とシャネルやファッションをまったく知らない私は思うのでありました


ココ・アヴァン・シャネル 特別版 [DVD]/オドレイ・トトゥ,ブノワ・ポールブールド,アレッサンドロ・ニボラ

¥1,500
Amazon.co.jp

  1. 2010/10/13(水) 21:12:17|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DVD:スラムドッグ・ミリオネア


 これも去年話題になっていた映画
 スラムの少年が主人公という辺りから、社会系とかバイオレンス系とかサクセストーリーの映画かと思っていたけど全然違った

あらすじはというと

 日本でいうミリオネアに出演したスラムの少年が、なぜか最後の一問まで正解し、そのことに疑問を持たれて警察に取調べを受けるところから物語は始まる
 取調べに対して素直に経緯を話し始める少年
 果たして彼は無事解放され最後の一問に正解することが出来るのか!?

といった内容

 上述したように、
 「スラムの少年が想像を絶する苦境を乗り越えて勉学に励み、いくらかの幸運にも恵まれて大金を手にすることが出来る」
とか
 「裏社会でのし上がった少年が合法的に大金を手にするために、テレビ会社を買収したりしてミリオネアで全問正解を果たす。少年がどうやってのし上がりどうやって全問正解するに至るか、その真相は!?」
 みたいな内容を期待して観ていたのだけれど、何のことはない、単なる王道ラブストーリーだった

 もちろん背景がインドのスラムというところが特殊で、そこが新しくて(いってしまえば新しいのはそこだけなんだけど)かつ内容が王道だということで、評価されたのだろうけど、そして実際ストーリーが王道であるのを差し引いても面白かったけど

 なんだか拍子抜けしてしまった

 はじめからそういうものだとして観たら純粋に楽しめたかも
 ヒロイン役の娘はかわいかったし、主人公の朴訥なところも王道ラブストーリーだと考えたら好感触だった

 冒頭の「ミリオネア形式で主人公がなぜミリオネアで全問正解できたかを問い、最後に答えを明かす」という演出が、くどかったけどそういうのが好きな僕としては良かった

 全体の感想としては、最近観ていなかった質の良い純愛ものだという点と意外性という2点で面白かった
 でも、CMとか宣伝で誤解していた人って僕だけじゃないと思うんだけどなあ
 まあそれこれも戦略だったのかも
 意外性って大事だし?

スラムドッグ$ミリオネア [DVD]/デーブ・パテル,アニール・カプール,イルファン・カーン

¥3,990
Amazon.co.jp

  1. 2010/10/12(火) 00:19:16|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DVD:銀河ヒッチハイクガイド

 知人に勧められて見る

 イギリスのラジオドラマが始めてであまりに人気だったので、小説、テレビ、ゲーム、コミックと色々なメディアミックスがなされている
 その中の映画版

 煽り文句がなんてったって「B級映画の金字塔」というから色んな意味での期待が止まらない
 そんな微妙な期待を心に秘めて観てみると、予想を裏切ってクオリティーが高いのにびっくりした
 
 そりゃノリは完全にB級映画だけどセンスが抜群に良い

 一応、あらすじを

 銀河系の高速バイパスを作るために強制的に地球が破壊されてしまう所から物語は始まる。実は宇宙人であった友人(「銀河ヒッチハイク」という宇宙版「地球の歩き方」みたい雑誌の著者でもある)に助けられて、なぜか銀河ヒッチハイクをすることになる。それで色々あって、宇宙大統領と「生命、宇宙、そして万物についての究極の答え」を探しに行く。果たして、答えは見つかるのか?そして、地球の運命は?

と、いった内容

 まず、開始15分も経たないうちに地球が爆発する時点で意味分からない
「生命、宇宙、そして万物についての究極の答え」についても、大昔の最も知性があった生物が最も知性のあるスーパーコンピューターを作って聞いているんだけど、全く意味が分からない「42」という答えだけ分かっていて、答えは出たけど問いが良くないから自分より頭の良い存在に解いてもらっている、それでその問いを知っているものを探しに行くという・・・なんだよ、「42」って・・・

登場人物も面白い
馬鹿すぎる宇宙大統領も良かったけど、僕が好きだったのは、宇宙船にいるロボット「マーヴィン」。とにかくネガティブで、全然役に立たない。口を開けば「落ち込みすぎて死にたい」とかそんなんばっか。それが、かなり良い味出しているんだよなあ。



なんだかぶっとんだ映画を見たいなら是非!!



銀河ヒッチハイク・ガイド [DVD]/サム・ロックウェル.モス・デフ.ズーイー・デシャネル.マーティン・フリーマン.ビル・ナイ

¥1,500
Amazon.co.jp

  1. 2010/10/04(月) 20:08:41|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

主な活動


本屋をもっと楽しむポータルサイト

本屋好きの営むネット古本屋(開店準備中)

プロフィール

wakkyhr

Author:wakkyhr
ネット古本屋・本屋好き・本好き・イベント企画。本屋で面白いことをしたいのです。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。