本屋好きの日常

BOOKSHOP LOVER=本屋好きの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

DVD:告白(3) ~「大切な存在から理解されないということ」、「排他性と無理解性」~

 以前の記事までで、「あらすじ」「本作を森口悠子から観た場合」を述べたんだけど
 
今日は、「本作を渡辺修哉から観た場合」、そして、事件の素地であるクラスに流れていた「排他性と無理解性」について述べたい


ペタしてね


 渡辺修哉が、そもそもの発端である事件をなぜ起こしたのか

 ここで出てくるのが渡辺修哉のテーマ「大切な存在から理解されないということ」

 その原因はズバリ言って「母親の無理解」にある

 渡辺修哉の母親は、輝かしい自分の研究者人生を捨てて渡辺修哉を産んだ
 始めのうちこそ愛情を持って接していたのだろう、しかし、そのうち彼女は渡辺修哉に対して歪んだ愛情を向けるようになる
 
 彼女は、自分のキャリアを諦めさせたその原因を息子にあると考え、度々、渡辺修哉に当たる様になったのだ
 あげく、自分のコピーであるかのように渡辺修哉に「「優秀さ」がなければ愛するに値しない」というメッセージを発し続けてしまう
(母親が実際にどう思っていようとそれは渡辺修哉には関係ない)
 結局、見兼ねた父親が離婚を申し出て母親はそれを受諾
 彼女は名残惜しそうなそぶりを見せながらも颯爽と家を去っていくのだった、渡辺修哉に呪いの言葉を残して
「あなたは母さんの子だから優秀なのよ」

 この言葉に呪われて渡辺修哉は優秀さを周囲に見せつけ褒めてもらうことを執拗に求めるようになる
 全ては「優秀な自分が有名になって母親に見つけてもらうため」である
 母親の英才教育によって、通常の生徒以上の知識を持っていた彼は、その知識を活かして新聞に記事が載るほどの優秀賞を取り、「これで母親に見つけてもらえる」と期待する
 しかし、運悪く同時期に起こった同年代の学生による殺人事件によって渡辺修哉のニュースはかき消されてしまう
 渡辺修哉は思った
 「世の中、良いことをしても有名になんてなれないんだ。もっと悪いことじゃないと。そう殺人が良い、そうじゃないと母さんは見つけてなんてくれない」

 思春期の若者にありがちな短絡的な発想である
 だが、不幸なことに渡辺修哉には知識があり、それを活かすだけの場所も道具もあった
 きっと渡辺修哉はこの時点で、社会的動物である人間が越えてはいけない一線を越えてしまった
 京極堂の言う「向こう側」に行ってしまったのだ

 向こう側に行ってしまった渡辺修哉は「母親を振り向かせられると自分が考える行動をする」以外の要素にはとことん鈍感になる
 だから、殺人事件の犯人に自分がなりたいと願うし、他人を巻き込んでも何とも思わない、唯一の理解者だった北原美月も気まぐれに躊躇なく殺してしまう
 母親の無理解が、呪いの言葉が、渡辺修哉を誰も理解しようとしない存在に変えてしまったのだ
 

 だから、渡辺修哉の側から本作を見た場合、そのテーマは「大切な存在(母親)から理解されないということ」となると思う
 そもそもの事件の発端をひねりだせばそうなるのだから
 その上、その大切な存在は理解しようとしていないことに気づきもせず自分勝手な欲望だけ残して去っていくのだ
 「無理解がもたらした悲劇」とはまさにこのこと




 また、本作では「排他性と無理解性」に満ち満ちた生徒たちも執拗に描かれている
 この「排他性と無理解性」を利用して森口悠子は復讐を果たそうとも考えていたのだから当たり前だ

 さて、その生徒たちであるが、お世辞にも賢いとは言えない
 HIVだと聞けば接触感染や空気感染をしないと言われても過剰なまでに怯えて対象を避けるし、いじめも気軽に行ったりする
 彼らに足りないものは、知性であり経験であり思考であり寛容であり忍耐であり理解だ
 しかし、物語の他登場人物が平凡でどこにでもいそうなことを考えると、本作に置いてこの生徒たちが特殊な存在であるとは考えにくい
 と、いうことは、本作の生徒たちは作者の考える日本の平均的な生徒たちなのだ

 特に理由もなくいじめるし、殺人者であるということもいじめのための格好の理由づけでしかない

 「森口先生のことがかわいそうだと思わないの?」

 劇中である渡辺修哉をいじめていた生徒たちの一人が言ったセリフである
 彼女はこの言葉が持っているエゴに気づいているだろうか
 気づいていないだろう、彼女は、彼女たちは自分たちが「森口先生のためにいじめている」「これは正しいことだ」と信じて疑っているようには見えない
 そこには「皆と一緒に」いじめを行うという祝祭的ムードがあるだけだ

 渡辺修哉がなぜ殺人を行ったのか、HIVとはどういう病気なのか、殺人を行うようなものをいじめたら何が起こるのか、そんなことなど考えもしない
 排他性と無理解性、この二つが渡辺修哉を追い詰めていく

 
 物語の背景にスポットを当てると、そこにあるのは、異質なものを排除しようとする「排他性」と、外の世界に、他者に、興味を持とうとしない徹底した「無理解性」だと思った

 
 


 まとめると、本作は
 
 渡辺修哉が「大切な存在(=母親)に理解されないこと」により、優秀さにコンプレックスを持ってしまい、また、世の中の理不尽が遠因となって目的のために殺人を合理的と考える人間になってしまい、悲劇を起こす
 悲劇の当事者となった森口悠子が悲しみを与えた渡辺修哉(とついでに下村直樹)に報いをもたらそうと、手段を選ばず目的を達成する
(森口悠子も向こう側に行ってしまったのだ)
 そして、生徒たちは、最悪の状況を作り出すことに無自覚にその「排他性と無理解性」によって加担している


といった構成になっているかと思う
 
 



 最後に、ここまで自分がまとめてきて思った感想は

 「他者は理解できないものだ」っていう前提が共有されない社会はこうも悲劇を生みだすことがあるということ



 それと以下は余談だけど、

 森口悠子のぶれなさっぷりが最高だった
 「渡辺修哉と下村直樹に復讐する」
 この行動基準が全くぶれないんだもんなー

そして、最後の一言

「ここからあなたの真の構成の道が始まるのです…なーんてね」

その悪さ、たまんねー!!


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

告白 【DVD特別価格版】 [DVD]/松たか子,岡田将生,木村佳乃

¥2,940
Amazon.co.jp

スポンサーサイト
  1. 2011/04/04(月) 21:14:55|
  2. 邦画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

DVD:告白(2) ~「私が受けた悲しみは報われなければならない」~

 この前の記事は観た直後で、興奮のあまりとりあえずあらすじだけ書いてしまったけど、今回は分析を


 本作で問われているのは「命の重さ」とされているかもしれない
(実際、森口悠子の始めの告白で「命」って黒板に大きく書かれるし)

 でも、僕は違うと言いたい
 本作で流れていたテーマはまず

 森口悠子による「私が受けた悲しみは報われなければならない」

であり、

 渡辺修哉の「大切な存在から理解されないということ」

であり、
 
その背景としての「排他性と無理解性」

だと思う


ペタしてね


 説明していくと
 一つめ「私が受けた悲しみは報われなければならない」は、有り体に言ってしまえば「目には目を、歯には歯を」であるけれど、恐ろしいのはその淡々とした態度だ
 教養もあり礼儀正しく分別をわきまえた大人が、分別をわきまえた上でそれでも淡々と断固として復讐する怖さ

 その淡々とした復讐は何によって動かされているか
 それが「私が受けた悲しみは報われなければならない」という想いだと思う

 悲しみを与えた相手(加害者)がどんな事情を抱えていようと、子供であろうと、私が受けた悲しみとそのことは関係ない
(怒りに増減は与えるだろうが悲しみが消えることはない)
 私に悲しみを与えたのは、彼の行動であり、その結果である事実だ
 悲しみを与えた原因があるのならば、それは取り除かれなければならないのだ

 だから、森口悠子は迷わない
 迷わずに渡辺修哉を、下村直樹を、追い詰めていく
 決して殺さずに
 だが、じわじわと真綿で喉を締め付けるように
 確実に彼らが絶望していくように

 そこにあるのは徹底した悪意だ
 多分、森口悠子の悲しみは復讐を果たしたところで癒えないだろう
 むしろ、もしかしたら広がるばかりかもしれない
 本人はもしかしたらそんなことも分かった上で復讐をしているかもしれない
(物語の中盤、森口悠子が一人で泣き叫んだ後に「馬鹿馬鹿しい」と言って、空しいような表情をして、歩いてゆくシーンがある)

 それでもやるのだ
 誰も救われないのは分かっている
 いや森口悠子が望むのは救いなどではない
「私と同じようになればいい」
 森口悠子は、ただそのエゴイスティックな怒りを達成したいだけなのだから



 これが、本作が描きたかった主人公の精神だと思う


 では、そもそもなぜこんな悲劇が起こったのか


 ここで出てくるのが、もう一つの渡辺修哉のテーマ「大切な存在から理解されないということ」なんだけど、またまた長くなりそうだから、また後日


告白 【DVD特別価格版】 [DVD]/松たか子,岡田将生,木村佳乃

¥2,940
Amazon.co.jp

  1. 2011/04/04(月) 20:45:14|
  2. 邦画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DVD:告白(1) ~あらすじ~

 前々から見たかったものがツタヤで準新作になっていたので観る


 凄かった!!


 人によって好き嫌いがかなり分かれそうな作品だけど、僕にとっては非常に面白かった


ペタしてね


 物語はCMでもやっていたように担任でもある森口悠子(松たか子)の「告白」から始まる

 学級崩壊と表現されるようなクラスで一人話を始める森口悠子
自分が後一カ月で学校を辞めること、これまでの学校生活、自分の信念、恋人のこと、そして死んだ娘のこと
 始めのうちは騒ぎながらテキトーに話を聞いていた学生たちだが、

「娘はこのクラスの誰かに殺されたんです」

 この言葉で一斉に静かになり森口悠子の話を聞き始める
 話によると自分なりに調べた結果、犯人のことは分かったという
 そして、森口悠子は少年法による裁きでは十分ではないと考えた森口悠子は一つの復習をしたのだった
 HIVである恋人の血をさっきまでその二人の生徒が飲んでいた牛乳に入れたというのだ
 「HIVの潜伏期間は五年から十年、命の重さをかみしめるのには十分な時間である」というのだ
 一人の生徒は吐きそうになる口を押さえトイレに駆け込み、もう一人の生徒は茫然としている

 そのまま森口悠子は教室を後にするのだった


ここまでで1時間弱も使って「告白 森口悠子」という画像が入る


…へっ、終わるの?



と、思ったら、物語はむしろここから始まるのだった

ここからは、告白者たちによるモノローグ形式で展開する



 次の告白者は女生徒の一人である北原美月

 森口悠子が去った後、翌年のクラスには犯人の一人、渡辺修哉こそ投稿していたが、もう一人の下村直樹の姿はなかった
 北原美月は、新担任になった熱血教師である寺田良輝を冷ややかに見つめながら、クラスメイト達が、殺人の事実を巧妙に「なかったこと」にしながら「明るい日常」を、新担任を利用して演出するのを観察する
 しかも、殺人者であることが分かってしまった渡辺修哉には、しつようないじめが繰り返される
 その行為にも北原美月は冷ややかな視線を投げかけるだけだった
 彼女はそんな周囲に馴染めない、事実をごまかしているのが馬鹿馬鹿しくてしょうがないのだ
 そんな中、クラスにいじめがあることが寺田良輝にばれてしまい、唯一、いじめに参加していなかった北原美月が密告者とされる
 しかし、それがきっかけで渡辺修哉と親密になっていき、唯一の理解者として心を打ち明けるのだった



 次は下村直樹の母親、下村優子

 森口悠子の告白を聞かされてから家に引きこもり、異常な行動を繰り返すようになった息子がなぜこうなってしまったのか、原因は誰にあるのか、優しかった息子はどこに行ってしまったのか
 突然に訪れた事実に冷静に事実を分析できない下村優子は、原因を森口悠子に求め、息子を追い詰めるかのように(下村優子には見える)毎週家を訪問する寺田良輝に求め、頼る相手もいないで勝手に一人で追い詰められた彼女は息子と心中して全てを終わらせようとしてしまう



 次は下村直樹

 森口悠子の告白以来、一種の神経症の様になった下村直樹は部屋に引きこもり、HIVがうつらないように母親にも手を触れさせないようにする
 じわじわと追い詰められていった下村直樹はある日、母親に寄って包丁を突き立てられてしまう
 そこで前後不覚に陥った下村直樹は包丁を振り回して母親を殺してしまうのだった



 最後の告白者は渡辺修哉

 渡辺修哉がなぜ森口悠子の娘を殺したのか、それは幼少期に捨てられた母親が言っていた「おまえは私の才能を受け継いでいるから優秀なんだ」という言葉に呪われているために、自分の優秀さでもって 母親に見つけてもらいたいがためであって、被害者は誰でも良かった
 電気工作が得意な彼は賞に応募して優秀賞をとれば見つけてもらえると思っていたが、同時期に起きた同年代による殺人事件の方が大きく取り上げられており、「良いこと」では有名になって母親に見つけてもらうことは出来ず、「悪いことでないとダメだ」と考えるようになったのだ
 しかし、せっかく殺人をしたにもかかわらず犯人になることもできず、森口悠子も犯行を知ったにもかかわらず訴えてくれない
 北原美月という理解者を得たことも、「母親に自分の優秀さ(悪いこと)でもって見つけてもらいたい」という考えにとりつかれた渡辺修哉には暇つぶしでしかなかった
 だから、北原美月にマザコンと言われて罵倒されたときには、彼女を殺すことも厭わず、その後、爆弾を使ってクラスを道連れにしようとも構わない



 物語はこの後、告白者が再び森口悠子に移り、モノローグ形式ではなく現在の告白に戻る

 そう、全ては森口悠子の掌の内だったのだ
 自分の告白によって犯人の二人が追い詰められいじめられることも、下村直樹を追い詰めた寺田良輝の毎週の訪問も
 そして、渡辺修哉による自爆も森口悠子は阻止した
 全ては渡辺修哉と下村直樹を追い詰めるためである
 最後に大切なものを失くした悲しみを味あわせるために森口悠子は、自爆を阻止するために持ち去った爆弾を渡辺修哉の母親のもとに置いてくる
 渡辺修哉が自爆しようとスイッチを押した瞬間に渡辺修哉の母親が犠牲になる様に

「自分の中の大切な何かが壊れた音を聞いたことありますかって言いましたよね」
「私も聞きましたよ。でも、私の場合、「パチン」じゃなくて「どっかーん!」だったけど」




といった内容

興奮してあらすじだけで長くなってしまったので、感想は後日


告白 【DVD特別価格版】 [DVD]/松たか子,岡田将生,木村佳乃

¥2,940
Amazon.co.jp

  1. 2011/04/04(月) 00:35:02|
  2. 邦画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

主な活動


本屋をもっと楽しむポータルサイト

本屋好きの営むネット古本屋(開店準備中)

プロフィール

wakkyhr

Author:wakkyhr
ネット古本屋・本屋好き・本好き・イベント企画。本屋で面白いことをしたいのです。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。