本屋好きの日常

BOOKSHOP LOVER=本屋好きの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

DVD:アマデウス

 音楽ものの映画が好きなので、借りる

 かの有名なモーツァルトの人物像やら人生について、老人になった同時代の宮廷音楽家サリエリの目線から語る、という形式の映画

この映画、一言で言うと

サリエリの愚痴」

なんだけど、それも無理もない。
 だって、サリエリ、本当にかわいそうなんだよ
 
 小さい頃から、憧れていた音楽の道に(サリエリ的には)神のご意思で、進むことができて、めでたく宮廷音楽家にまでなれたところまでは良かった
 けど、天才だと評判高いモーツァルトと出会ってみたら生理的に大嫌いな奴で、でも、才能だけは飛び抜けてあるもんだから、王様の前で貶されたりしても、認めざるを得ない
 しかも、無類の女好きのモーツァルトに、密かに思いを寄せていた女性まで取られてしまって、さあ大変!

 神様のお陰で夢である音楽家になれたと思っているサリエリは、それまで、敬虔なキリスト教信者として、謙虚な人格者で通っていたのだけれど
 あんな奴(モーツァルト)に音楽の才能を与えている神様なんてもう信じてやるもんか、祈ってなんてやらないんだもんね!あんな奴(モーツァルト)、復讐してやるもんね!
ってなもんで、復讐の鬼になるのでありました

 そこからのサリエリはそれはもう陰険!
 モーツァルトの前では良い顔をしつつも、裏では貶めようと仲間(モーツァルトは革新的なことをやっていたので、当時の偉い人たちからは嫌われた)と手を組んで大暴れ
 しまいには、秘密裏にモーツァルトに自分のレクイエムを書かせて、殺した後に葬式で流してやるんだもんね
 なんつって、精神的に追い詰める追い詰める

 でも、やっぱり音楽が大好きなサリエリは、憎きモーツァルトの音楽的才能の前にはひれ伏すしかなく、悪い奴にもなることができなかったので、自分で手を下すことはできないのでした


 まあ、サリエリが、モーツァルトが就職できないように(「当時の音楽界では、演奏だけでは食って行けず、お金持ちの教師になるのが音楽で定期収入を得る数少ない道だった」と映画ではされている)手を回していたせいで、モーツァルトはろくなものも食えないで過労になって死ぬんだから、間接的には手を下したみたいなもんなんだけどね

 

 ここまで読んでいると、サリエリ極悪じゃねえか、かわいそうなんかじゃねえよ
って印象を持つと思うんだけど、映画を観ているとそうは思えなくて

 だって、モーツァルトが本当に最低なんだ
 
 奥さんいるのに他の女に手を出しまくるし、定職なくてお金ないのにパーティーばっかして遊びほうけているからすぐお金に困るし、しかも職探しでお願いしに行っても普段の素行が悪すぎて(あと生徒の女性に手を出すという噂をサリエリに立てられて、ま、さもありなん、だけど)断られるし、態度を改めれば良いものを自分の音楽が最高だっていうのを知っているから無駄にプライド高いくて改められないし、奥さんは家事出来ないけどその分お金の面でよいマネージャー役を演じてくれているのに断った大衆演劇の仕事を勝手にしちゃうし・・・

 モーツァルトにいくら悪気がなかったと言っても、そして、サリエリが女を取られた逆恨みってのを差し引いたとしても、最低だよなあ

 でも、それだけ、最低な奴でも、音楽はやっぱり最高なんだよな
 あと、革新的なことをやろうとしていたってところは好きだった


 そんな感じで、この映画は、モーツァルトっていうとクラシックの大家だろ?なんか難しそう・・・
と肩肘張って見るものではないので、昼メロを見るような気分で観てもさして問題ないかと思います
 いい意味で裏切られた、って感じ
 

最後に

 モーツァルトの奥さん、かわいすぎだろ・・・欧米人であんなにかわいいと思った人はナタリー・ポートマン以来だ


関連記事
  1. 2010/10/27(水) 20:54:20|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<DVD:サマーウォーズ 感想(感動編) | ホーム | DVD:ココ・シャネル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wakkyhr.blog.fc2.com/tb.php/40-26e363b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

主な活動


本屋をもっと楽しむポータルサイト

本屋好きの営むネット古本屋(開店準備中)

プロフィール

wakkyhr

Author:wakkyhr
ネット古本屋・本屋好き・本好き・イベント企画。本屋で面白いことをしたいのです。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。