本屋好きの日常

BOOKSHOP LOVER=本屋好きの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

幸せってなんでしょうね?

「認知の歪み」について考えていたらこんな文章が出来上がったので書いてみます。

タイトルは「幸せってなんでしょうね」。

***

「終わりなき日常を生きろ」ってのをフラットに受け入れられる人ってのはそもそも幸せなわけだと思うのだけれど、じゃあ、「幸せな人」ってどんな人かっていうと多分に主観的な訳で他人が判断できるものではない。その上、自分が幸せだと考えても持続的に常にずっと幸せなんてことはないわけだから、「客観的に自分を見たときにそれが幸せだと判断できる人」が幸せだと考えられる。

この「客観的に見て」というのが曲者で、厳密に言って自分を第三者的に見ることなんて不可能な訳だから、自分が信じる規範やら思想やら宗教やら(=信念。この信念は盲目的に信じているものという意味。心理学的な信念のこと。)が判断基準になる。

ところが、「客観的に見て自分は幸せだろう」と考えたとしても、それと「自分が幸福感を感じているかどうか」は別物な訳で、自分の信念に完全に自分を同一化することが出きない限り、客観的(だと自分が信じる)幸福と、幸福感は一致しない。

そりゃそうだ。キリストにもブッダにも世間(の理想を体現した人)にもなれるヤツはいない。

幸福感というやつは、腹いっぱい食べたり爆睡したりセックスしたり楽しいおしゃべりをしたりうまい酒を飲んだりそういう動物的な欲求や、安心欲求、承認欲求、自己実現欲求のことで、つまりは欲望の部分のこと。いくら「先進国に生まれて幸せなんだから贅沢言うな」と言われても、それで「あーそうだよね」って納得して幸せを感
じる人なんて少ないと思う。

しかも、この幸福感というものも、自分の信じる規範やら何やらによって歪められることすらある。拒食症やら不眠症なんてのもかなーりおおざっぱに言うとこの歪みの一種で、食べることに幸せを感じなくなったりすることもある。「先進国に生まれて幸せなんだから贅沢言うな」を本当に信じないといけないと感じて、贅沢しないようにしてストレスが溜まったりするなんてこともある(ついでに言うと、五段階欲求説は上の段に行くほど信念に影響されやすいと思う)。

理性を信じすぎて体を壊す人。刹那的な欲求に任せて身を滅ぼす人。どちらもバランスを崩していて、理性も体も大事にしなきゃおかしくなる。

で、最初に戻ってまとめると主観的な幸せってのが幸福感で、「客観的に自分を見たときの幸せ」が信念によるものだと僕は思っている。大事なのはもちろん主観的な幸せ(=幸福感)の方で、客観的な方の幸せは主観に従属した方がトータルで見て幸せだ僕は思うのだ。

腹が減っているのにダイエットのためと我慢しすぎたり、頑張らなきゃと睡眠を削ったり。信念が体をドライブさせて疲れや空腹を感じなくなったりするということはあるだろうし、長期的に見てその修行のような日々が将来の楽ちんな日々を担保することもあるだろうから、一概には否定できないけれど、全員が全員そんなことができる
わけではない。

って考えていくと、体を壊したときに疑わなきゃいけないのは自分の信念になる。自分の信念によって感覚が歪められている可能性が高いのだ。「自分は痩せていなければ気持ち悪い」という信念が拒食症をもたらしたりする(「精神が肉体を超えている!!」ってののバッドバージョンだね)。

「認知の歪み」ってこういうことなんだけれど、これって簡単に変えられたら誰も病気になんてならなくて、分かったところでどうしようもないものだったりする。認知の歪みって言うと怖く聞こえるけれど、これってつまり思考の癖ってことで、癖は簡単には変えられないから癖なんだ。その上、この癖を変えるってモチベーションすらなかったりするから、いや、ほんと、長丁場を覚悟しないといけない。直すには暮らしているときに逐一それっぽい考え方をしたら訂正していかないといけないんだけど、これがまたしんどいんだよなー。何より本人からすると歪んでいるつもりなんて全くこれっぽっちもないわけだから。

てか、訂正って言葉からして社会的だし、「正しい」ってなんだよってそりゃそうなんだけど。これはまあ「オマエが辛いと俺は楽しくないぞ」という完全に個人的主観によって正しさを判断していて、つまり、楽しくなりそうな考え方・楽になりそうな考え方が僕にとっては正しいものであり、善であり正義であるのだ。

僕は周りの人が辛そうにはして欲しくないなーと思っていて。だから、エゴイスティックに認知療法的に攻めることだってある。だって、結果的に自分が楽しくなるようにしたいし。そんなわけで、ご飯がおいしいことに感謝しながら友人の心配をして生きているわけです。

***

なんか冷静に見ると恥ずかしいなー。まーいいか。文章含めて表現活動なんて原理的
に恥ずかしいものなんだし。
関連記事
  1. 2012/09/23(日) 12:36:39|
  2. 書いた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スタンダードブックストア・オーナーの講演会に行ってきた | ホーム | 那須高原ビール㈱「那須高原ビール」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wakkyhr.blog.fc2.com/tb.php/401-74a0833e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

主な活動


本屋をもっと楽しむポータルサイト

本屋好きの営むネット古本屋(開店準備中)

プロフィール

wakkyhr

Author:wakkyhr
ネット古本屋・本屋好き・本好き・イベント企画。本屋で面白いことをしたいのです。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。