本屋好きの日常

BOOKSHOP LOVER=本屋好きの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

4/14(土) 『武器としての決断思考』著者瀧本哲史特別講演”なぜ武器としての教養なのか”

武器としての決断思考 (星海社新書)ちょっと前のことですが、『武器としての決断思考』著者瀧本哲史特別講演”なぜ"武器としての教養"なのか”に参加しました。ツイッター上で話題だったのと「決断思考」という言葉が気になったので。

で、内容はというと一言で言えば刺激的でした。とにかく内容が濃い!と言うのも本人がめっちゃ早口でまくしたてるように話すのです。観客はついていくので精一杯。スライドショーもかなりの勢いですっ飛ばしていましたし。しかも滑舌が悪いから時々何を言っているか分からなくなるという…ww本人の頭の回転が非常に早いのは分かるのですが、あまりトークショーには向いていない人かもですね。但し、内容は濃い!(しつこいww)

本を読んできたのを前提に、なぜこの本を書いたのか。自分の経歴。これからのこと。などなど。さらに質疑応答でのズパッした回答。いやー、参考になりました。ただ、個人的にはなんとなく気に食わなかったのは内緒です。。では、以下に気になったことを。

***

***

以上です。本を読んでから参加しましたが、今回のトークショーは本以外のことが多く知ることができて参加して良かったものでした。

本の感想はまた後日書きますが、日本人ができないと言われる「冷静な議論」というものをするために必要なことが書いてあり、またトークショーでも仰っていたことだと思います。

自分の主張に固執するのではなく、逆の意見の妥当性を確かめ、その上で、現状の最適解を導き出すこと。自分の主張が正しいのでなく、あくまで現状の最適解であること。難しいですし、作業が多くなる大変なことですが、議論というものはそうやって進められるべきでしょう。

最後に、僕も日本はこれから成熟国としてスティル・セカンド・ベストを目指すべきだと思うので、その中でどうやって生きていくべきか。話を聞いていて考えたことがありました。

それは、「もしかしたら自分は今、中途半端な投資をしているのかもしれないということ」。まだまだ自分が何を強くしていくべきかおぼろげにしか見えませんが、もっと覚悟を持って思い切り良く行動した方が良いのかもしれません。怖いのですが。具体的に現実的に考えようと思うのでありました。


武器としての決断思考 (星海社新書)
武器としての決断思考 (星海社新書)
瀧本 哲史
講談社 2011-09-22
売り上げランキング : 1231
Amazonで詳しく見る by G-Tools


関連記事
  1. 2012/09/24(月) 08:52:35|
  2. トークショー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<読書推進セミナー 京極夏彦「世界の半分は書物の中にある」 | ホーム | 小松則幸×山口和也 出版記念トークセッション>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wakkyhr.blog.fc2.com/tb.php/417-a14f0fba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

主な活動


本屋をもっと楽しむポータルサイト

本屋好きの営むネット古本屋(開店準備中)

プロフィール

wakkyhr

Author:wakkyhr
ネット古本屋・本屋好き・本好き・イベント企画。本屋で面白いことをしたいのです。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。