本屋好きの日常

BOOKSHOP LOVER=本屋好きの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

川内倫子トークショー@スタンダードブックストア

照度 あめつち 影を見る【EVENT】7/14 正午 『照度 あめつち 影を見る』(青幻舎)刊行記念川内倫子トークショー(聞き手:福永信)

以前、展覧会に行って、最高だったので、大阪まではるばる行ってきました。しかも、日帰りで!(展覧会の日記はこちらです→「川内倫子展 照度 あめつち 影を見る」に行ってきた!



それ以外は、つい2か月前まで大阪にいたので、知人と会ったり飲んだりしていました。いやー、色々もらえて充実した大阪日帰り旅行でした。そのときのことは、また後日書くとして、今回は、トークショーのルポを書こうと思います。

トークショーのお相手は小説家の福永信さん。なんと川内倫子さんと会うのは初めてだそうで、若干緊張しておられました。

川内倫子さんは滋賀県出身ではあるそうですが、実は滋賀県にいたのは4歳までで、その後は22歳まで大阪だったそうです。そのためか、関西の言葉を聞くと安心するそうで、福永さんとは対照的にリラックスされていたように思います。

以下、箇条書きでまとめていきます。なお、僕がメモした内容が、ほぼそのままですので、聞き間違いなど多数あるかと思いますが、そこはご容赦ください。主語がない場合は、基本的に川内倫子さんの台詞です。

川内倫子さんは大阪が地元



福永さん「今回の展示では動画が主役級であったけど、どう?」



福永さん 「選ぶときにストーリーがないのはなぜ?」



本書を作った感想



福永さんと川内倫子さんは同い年。共通点が結構ある。



福永さん「写真と本のつながりは?」



福永さん「デビューから一気に今の段階まで来たように見えるけど、実際は?」



光と影の話



福永さん「川内倫子さんなりに現実の大きな問題を扱うときに、でも、うたたねや花火と同じ立場で表現されているように見える。大人の否定。純粋を良しとするに見えるが、どう思う?」



質疑応答「最近の仕事のタイトルに影が多い。今までは光が多かった。最近は影というか闇が多いように思える。なんで?」



質疑応答「りんご日記の続きは?」



直感と理性のあいだ


如何でしたでしょうか?

展覧会の学芸員による紹介でも同じことを感じましたが、僕は、感じたままに撮る感性とどんな写真集にするか何を表現したいのかを意図的に理性的に考えるその振れ幅の大きさ。その渾然一体が、凄いと思いました。

僕がこの写真集を読んで思ったのは、とても繊細で綺麗であるということ。先に福永さんが仰っていたように、子どものような純粋を感じるのです。大人性を否定するというか。

ところが、写真集を出すにあたっては、何年も考えて意図的に効果を狙っている。とはいえ、何をどう並べるのかについて明確な基準がある訳ではない。意図的と直感のあいだ。それが丁度良いバランスで成り立っていて、あの繊細な写真を生みだしているのかと驚きました。

今回、「光と影」という自費出版写真集が売り出されていたのですが、社長と話していたり、店内の写真を撮るのに夢中になっていたら売りきれていました。残念。でも、ナディッフモダンなどに売っているそうなので、買いに行きます。それと、サインしてもらいました。サインをもらいたいと思ったのは初めてなので嬉しいです!

関連記事
  1. 2012/09/24(月) 08:54:59|
  2. トークショー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ドミニク・チェン×内沼晋太郎/ 「オープンソースと本の未来」 #本屋 | ホーム | 内沼晋太郎さん店主の本屋B&Bのプレオープンイベント「イベント猫のきもち ilove.catをつくるわけ」に行ってきた!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wakkyhr.blog.fc2.com/tb.php/421-93c015ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

主な活動


本屋をもっと楽しむポータルサイト

本屋好きの営むネット古本屋(開店準備中)

プロフィール

wakkyhr

Author:wakkyhr
ネット古本屋・本屋好き・本好き・イベント企画。本屋で面白いことをしたいのです。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。