本屋好きの日常

BOOKSHOP LOVER=本屋好きの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マンガ規制反対の意味が分からない、という人へ

すでにほぼ可決の様なので、連日投稿。今回はBLOGOSで見つけた記事に対する反論という形で(ちなみに主に昨日の記事で参考にしたURLを元に考えています)。

賛成派ってか傍観派の意見についてです。

条例化する意味はあるのか



反論は色々あるけれど、条例自体をなくせって話にならないのが不思議ってのは同感。正直、性表現を見せないことを条例で決めることに(データを根拠にしてもそうだし)意味はないと思うんだ(現実の児童を対象にした虐待などを取った写真はもちろんダメだと思う)。というか、性情報をそういったいかがわしい所から入手される前に、親なり学校なりがまず好ましい知識を与えるのが一番だと思うんだ。

ちなみに改正でどこが問題なんだって言われたら、都がそういった不健全と認めた図書を出したり販売した出版社や書店を公表できること(第9条の3の2と3、まあ4で配慮しているけれど。あと同様に第18条の2)

定義が曖昧なら自主規制に任せて売り場を別にするって今でもやっていることなんだから、それをわざわざ都が介入できる(逮捕はできなくても勧告・公表による社会的地位への損害を与えられる)ように捉えられる条文を増やしたら、そりゃ「侵害だ!」って言われてもしかたないでしょ?現在の都の意図はとにかく、そのような解釈ができるということが問題なんだから。

だって公表された出版社や書店は「あそこはそういう本を出す出版社なんだ」ってレッテルを貼られること(実際に言われるかどうかは関係なく)を恐れて、少しでも怪しい表現をする漫画やアニメを出版しない・売らないことが考えられるし、そうすると漫画家やアニメーターはそういった表現に対して萎縮する(=出版社の言い分で言う「作者が萎縮、創作活動に悪影響がある」)わけで、となるとまさに表現の自由への侵害ってことになるのではなかろうか。

ただ、改正案で本当に改正できた箇所もあって、第18条の6の2,3(3は知事が助言・指導できる云々の箇所である3項目と4項目には反対)は良いと思う。他は児童ポルノ法ここも参考になった)とそんなに変わらないみたいだし、「努めなければならない」ってフレーズがある項目に関しては特に問題はなさそうだ(僕は反対だけど)。

問題を取り違えている



つまりは、児童を対象にした(成人でもそうだけど)性犯罪が問題なのであって、それと表現の自由がトレードオフの関係にあるというのなら、性犯罪の軽減に効果がある、っていう前例(比較的影響の少ない都市で試験的導入をしてデータを集めるなど)を作ってから、条例にするべきだと思う。表現者だって犯罪に遠まわしに加担しているのは嫌だろうしね。

まあ、それにしても「知事が勧告したり、公表したり、助言したり」できなければそこまで問題ではないと思うんだけども(今までもそんな感じだったみたいだし)。

最後に、「漫画・アニメーション」という限定をしたこと、そして賛成派の意見の大前提(「エロマンガに属するものは気持ち悪く、私(とその周囲)が気持ち悪いということは子どももそうに違いない。気持ち悪いということは害があるということだ」といったような主観的な前提)が感情によるものであることが、この条例に関して火がついた原因だと思う。

石原都知事の発言とかもアホ丸出しだしね。

もしこういった条例を出すんだったら、目的は正しい(児童や成人を対象にした性犯罪は無くすべきだ!)のだから、その効果とかエロマンガが有害かどうかから議論すれば良いのに。そんでもって、それをしないんだったら、「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」のような言い方をすれば良いのに。差別的で断定的な考えを元に、変な発言繰り返すからこーゆーことになるんだよ、石原さん!

まあ静かに注目されないように進めて規制しちゃうよりか、百倍カワイイか。とりあえず陳情書の書き方サイトを上げておく。もう遅いかもしれないけど・・・。

関連書籍


関連記事
  1. 2012/09/24(月) 10:35:00|
  2. 書いた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東京都青少年健全育成条例(≒マンガ規制)に関する議論について | ホーム | 『東京都青少年の健全な育成に関する条例』について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wakkyhr.blog.fc2.com/tb.php/428-4c45bd6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

主な活動


本屋をもっと楽しむポータルサイト

本屋好きの営むネット古本屋(開店準備中)

プロフィール

wakkyhr

Author:wakkyhr
ネット古本屋・本屋好き・本好き・イベント企画。本屋で面白いことをしたいのです。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。