本屋好きの日常

BOOKSHOP LOVER=本屋好きの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フジテレビと韓流とツイッター

本と私の世界

最近、文章講座的なものを受けていて、広く意見を聞いておきたいと思うので、お題と自分が書いた文章を公開します。「文章のつながりがおかしい」とか「内容がつまらない」とか、「表現がおかしい」とか、気がついたことがあれば、忌憚なくコメントいただければ幸いです。条件としては「1,000文字以内でお題について自由に書け」というもの。

今回は第三弾。テーマは「韓流」。では、どうぞ!

***

フジテレビと韓流とツイッター


フジテレビの韓流偏重放送が叩かれているようだ。原因はこの出来事。「「自分からは切り出してない」フジテレビ批判の高岡蒼甫 スターダストを退社へ」注1)。どういうことか気になったので韓流の歴史について調べてみた。

2003年「冬のソナタ放送」→2004年「韓流ブーム到来」→2005年「韓流ブーム下火に」→2010年「KARA、少女時代、日本での活動開始。第二次韓流ブーム到来」→2011年「フジテレビの韓流偏重放送にネット上で批判殺到」→現在。調べた結果をまとめると以上のようになる。

2003年に冬ソナを発端に中高年女性が一度目の韓流ブームを巻き起こし、2010年には若者たちがK-POPと呼ばれる韓国の音楽を中心に二度目の韓流ブーム起こした。そして、現在、大震災や財政危機など国難により生じたナショナリズムなのか、それとも飽きただけなのか、韓流コンテンツばかりを流し続けるフジテレビに批判の矢が相次いでいる。なぜ二度目でだけこんなことが起こるのだろうか。

一度目のブームの年は不景気ではあったが小泉首相が郵政改革を成功させた年でもあり、まだ政治に期待ができた。それに比べて二度目のブームである現在は、尖閣諸島や竹島を巡る領土問題、東日本大震災によって国内の政治経済は惨憺たる状況である。では、韓流批判は現状に不満を持つ人々が高岡蒼甫さんの発言を発端に燃え上がっただけなのだろうか。

私はそれだけではないと思う。それは一度目のブームにはなくて二度目のブームにはあるもの。ツイッターだ。一度目のブームの時点でもブログがあり芸能人の発言を発端に炎上することはあった。だが、ツイッターは、アカウント取得や更新の気軽さでブログをはるかに上回り、現状で約2千万人が利用しているようだ 注2)。それだけの拡散性があるとも言える。

ブログであればここまで大きい問題にはならなかったはずだ。ツイッターという場だからこそ拡散が拡散を呼び、反響を大きくし事務所が無視できなくなってしまうほどの問題になってしまったと思うのだ。そう考えると、ツイッターという場が現状への不満を持つ層をこれまで以上に燃え上がらせたというのが今回の騒動の原因だろう。

私はゆるいつながりを実現できるツイッターが好きだ。しかし、何事も使い方を誤れば問題を引き起こす。ツイッターを吹き溜まりにしないためにもその使い方を注意していきたいものである。

注1)2011年7月28日付 日刊サイゾーより
注2)2011年2月25日  MATCHA LATTE MEDIAより
参照資料
台湾国会で「韓流番組」規制法案が通過見込み
韓国有名大学教授が抱く「韓流ブーム」への危機感
止まらない芸能人の「韓流傾倒テレビ」批判 今度は芸人・ふかわりょうがJ-WAVEで苦言
「自分からは切り出してない」フジテレビ批判の高岡蒼甫 スターダストを退社へ
茂木健一郎「韓流のどこが悪い」 フジテレビ「不視聴」を批判
フジテレビで韓流が多いのは既得権を死守した末路
韓流ドラマ放送フジ「ダントツ」1位 自社制作より安く、視聴率も取れる
【マスコミ】フジと日テレ、外国人株主を名簿不記載で免許取消し回避 ひろゆき氏の指摘、株式市場の内外で話題★4
フジテレビと日本テレビの放送免許が危ない問題
韓流ドラマの歴史観
韓流問題ヒートアップ、「電凸」出現 商品レビューに酷評書き込みも

***

注意指摘などなど何でも良いのでご意見伺えればと思います。よろしくお願いします。
関連記事
  1. 2012/09/25(火) 21:26:46|
  2. SPBS作家・ライター養成講座の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<インターネットとSNSの普及で訪れるのはゆるい未来型ムラ社会かも? | ホーム | 管直人首相と日本の民主主義>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wakkyhr.blog.fc2.com/tb.php/438-e725d021
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

主な活動


本屋をもっと楽しむポータルサイト

本屋好きの営むネット古本屋(開店準備中)

プロフィール

wakkyhr

Author:wakkyhr
ネット古本屋・本屋好き・本好き・イベント企画。本屋で面白いことをしたいのです。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。