本屋好きの日常

BOOKSHOP LOVER=本屋好きの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

働くキュレーターLAB 第一回「インタビューの達人にインタビューする ~すべては出会いとおしゃべりから~」

マイク写真




随分と遅くなりましたが、8/29の「働くキュレーターLAB」講義をまとめました。内容が濃いし他のことを優先させていたらこんな羽目に…。
あえて1ヶ月経った頃に挙げることでリマインダーになれたらなーみたいな?…すいませんウソです(苦笑)

それでは以下です。どうぞー。

***

後藤茂雄が語るインタビューとは



①後藤繁雄のインタビュー史


20歳から38年間編集の仕事をしてきた。でも、これは独学。志を高くして学んできた。

②インタビューの心構え


・インタビューとはポストモダン時代における高級なサービス業
・インタビュアーとはスパイであり、卑しい職業
・情報を一方的に奪う訳だから、それ相応の対応が必要
・気持ち良く話してもらうための準備や会い方、連絡の取り方、姿勢(謙虚さやモラル)
・何より高い志が必要
・インタビュアーは既に書かれたもの話されたもの以外を聞かなければならない
・情報を奪うだけではなく、その出会いを次の仕事につなげることも大事
・会ってることそのものを事件として楽しめるか
・自分をその事件の登場人物として自分を使って面白くできるか
・今日会ったらもう二度と会えないと思え!
・インタビューは二人で目的を探す旅である。一期一会。どうせならゴージャスに行こう!

③インタビューのハウツー


・海外から来た人には印象に残すために最初か最後に聞く
・サインをしてもらったり何かしら印象に残るようなことをすること
・付箋を貼り付けた著書を机の上に置いておく→本の内容は知っているとアピール→本に書かれていないことを話してもらえる
・「次の日に来い」とアポを取ったら早朝に訪ねていく→好印象
・インタビューシナリオを作っていく
・その中にいかに相手が好きかを説明する「告白タイム」を入れる
・質問はだいたい6つくらい用意。番号付けしておいて、本番では柔軟に入れ替えていく
・インタビュー中はメモを見ない(取るのはアリ)
・インタビュー中は相手のことを一番好きな体にしておく
・体が自動的に動いてくれるので遠くから状況を見ることができる
・対応は体、観察は頭、記録はテープレコーダー
・腕時計をしない→インタビュー時間は体に覚えこませる
・話すリズムを相手に合わせる
・ディテールにこだわるべし!
・話しているときの違和感はネタになる
・事前の調査で分かっていても相手の言葉で言わせること
・言葉の反復や内容をキーワード化して返すこと
・NGワードや求められている言葉を観察から導き出せ
・はじめに段取りを説明するのもあり

④編集のこれまでとこれから


・昔は完全な黒子業だった
・イデオロギーの時代→編集の時代
・モダン→ポストモダン
・確固たる自分→状況によって変わる自分
・体系だった世界→フラットな世界、組合せの世界(思想のDJ)
・良いものを作れば売れる信念の時代があった(モダン)
・タイミングと状況で打つ手や思想を変える(ポストモダン)
・編集1.0→紙本の時代。80年代の終わりまで。返本率40%を超えたあたりまで。
・編集2.0→組合せの時代。コミュニティ。ブログ+イベントなど。
・編集3.0→価値をいかにして生み出すか。価値を生み出すプラットフォームの時代。

後藤茂雄が語る編集の今までとこれから



⑤これからの後藤繁雄


・編集3.0的なことを事例を作りながら作っていく。
・若手アーティストのキュレーションだったり、オルタナティブを資本主義にいかに導入するかだったり。
・これからは知性を持ち編集的スキルを持ったスーパーブロガーが求められる。プロデューサーであると同時にプ・レイヤーでもあるような30代くらい?の柔軟な人物。自分はそんな人を育てる立場になる。

⑥面白い自分であること


・編集者は世界を面白がるべき
・SNSは、それを利用してどんなことができるかを試す場
・実験動物としての自分
・世界をいかに面白がるか
・面白い人間になるには面白いことを言えば良い。そのためには身体知を鍛えて柔軟な動物のようになれば良い。

⑦ウェブメディアのコツ


・フラットな情報ではダメで特異点が必要。キラーコンテンツ。
・単体ブロガーを雇うよりブロガー軍団を作った方が効率的
・キーワードは健全な宗教化。多神教的な価値観。信者はいるが原理主義的コアなファンではなくゆるいつながり・社会的なミッションとステートメント。それとグッズのようなモノがあると良い。

***

以上です。如何でしたでしょうか?
全体としては大きく以下の二部に分けられそうですね。

①インタビューとは
②今までの編集・これからの編集


僕としては「インタビューとはポストモダン時代における高級なサービス業」「インタビュアーとはスパイであり、卑しい職業」というフレーズが面白かったですね。他にも参考になることばかりでしたが、この二つのキーワードが他の言葉の下敷きにあるような気がしたのです。
編集についての話は後藤繁雄さんの今とこれからが関わっている内容でしたのでエキサイティングでした。いろいろオフレコな話もありつつ、自分でサイトを開くんだったらというそれこそ講座的内容もありつつ。
会社が忙しくて参加できずDVD視聴でしたが本当に濃いー3時間でした。

参加したかったぜえ。
関連記事
  1. 2012/09/26(水) 07:30:00|
  2. トークショー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2012.10.22~「カコウイチ」2012.10.26 9:00~19:00  平和紙業㈱東京本店 ペーパーボイス東京 | ホーム | 「尖っている」ということ。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wakkyhr.blog.fc2.com/tb.php/456-92411498
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

主な活動


本屋をもっと楽しむポータルサイト

本屋好きの営むネット古本屋(開店準備中)

プロフィール

wakkyhr

Author:wakkyhr
ネット古本屋・本屋好き・本好き・イベント企画。本屋で面白いことをしたいのです。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。