本屋好きの日常

BOOKSHOP LOVER=本屋好きの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

DVD:サマーウォーズ 感想(分析編)

 さて、感情のままに書いてきたけど、ちょっと違った見方をしてみる

 先日、「動物化するポストモダン」という本を読んだ(感想はこちらに書きました)のだけれど、その中で、「現代(2001年時点)では萌え要素や泣き要素を組み合わせることで、消費者を得る「データベース消費」なる事態が起こっている」となっている

 この本では、所謂ギャルゲーエヴァンゲリオンなどのアニメとそれを消費するオタク達を対象に分析しているのだけれど、そこでの萌え要素や泣き要素は恋愛がメインだったと思う

 で、考えてみたのだけれど、もしかして、サマーウォーズのような「古き良き伝統」も一種のデータベースなのではないか

 だって、ちょっと前にやっていた三谷幸喜のドラマスペシャル(美空ひばりとか出てくる奴)とかALWAYS三丁目の夕日(見たことないけど)とかなんて「昔は良かった」って懐かしむのが目的のだし、サマーウォーズと参照しているデータベースは一緒なんじゃないかと思ったんだ

 ためしに名づけてみようと思う

「懐かし要素」?
「レトロ要素」?
「昭和要素」?
それともいっそのこと「武家要素」?

 うーん、どれもぴんと来ないなあ

 とりあえずまとめると

 「動物化するポストモダン」では近代から現代にかけて下記の様な世界解釈のモデルチェンジが起こっているとしている

「大きな物語→小さな物語」(近代)
「データベース→小さなデータ、小さなデータ←データベース」(現代)


 PCの登場で、昔だったら誰もアクセスできなかった大きな物語に、アクセスできるようになったことで、大きな物語は失われ、感情に訴えかける要素を細分化したデータベースとなってしまった
 ただ、消費者たちは、それが作られたもので、自分でも努力すれば作れるものだとは知っている。けれど、それでも動物的に物語を消費して感情的に反応してしまうし、それを良しとしてしまう

 そして作り手たちもこのデータベースを改ざんして大きな物語を消費した気になるのだけれど、改ざんした瞬間からそれは神聖な大きな物語ではなくなり、延々とデータベースにアクセスして改ざんすることになる、という


 この流れはきっと必然的で、そう考えると、個人の志向が細分化してマーケティングが難しくなったり、幸福度という指標が必要になったりする、とかいった現在の潮流とも関係しているのかなあ、と思った


動物化するポストモダン オタクから見た日本社会 (講談社現代新書)/東 浩紀

¥735
Amazon.co.jp

サマーウォーズ [DVD]/神木隆之介,桜庭 ななみ,富司純子

¥5,040
Amazon.co.jp

関連記事
  1. 2010/11/11(木) 00:55:23|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<DVD:シャッターアイランド | ホーム | DVD:サマーウォーズ 感想(感動編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wakkyhr.blog.fc2.com/tb.php/49-135b9dfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

主な活動


本屋をもっと楽しむポータルサイト

本屋好きの営むネット古本屋(開店準備中)

プロフィール

wakkyhr

Author:wakkyhr
ネット古本屋・本屋好き・本好き・イベント企画。本屋で面白いことをしたいのです。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。