本屋好きの日常

BOOKSHOP LOVER=本屋好きの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

デザインフル・カンパニー 「絶え間ないイノベーション」を実現するために マーティ・ニューマイヤー



デザインって総合的・全体的な様相を作るものなので、企業と相性が良いと思っているのですが、日本ではそういう意識がまだまだ低いのです。「とらや」とか例外はありますが。そんなわけで海外の事例を石りたいのならこれなんだろーなと。読んでもいないのに書いてみる。つまり、あれです。読みたいんです。はい。

以下、アマゾンの引用です。

「絶え間ないイノベーション」を実現するための刺激的テキスト登場!

ガー・レイノルズ(『プレゼンテーションZen』著者)、トム・ケリー(IDEO/『発想する会社!』著者)推薦!

商品はもちろん、組織、企業文化…、
すべてを「デザイン」して、「絶え間ないイノベーション」を実現せよ。
閃きを喚起する図版、写真満載

【本書に寄せられた推薦の言葉】
詰めものなし。つまらない話もなし。
ニューマイヤーはイノベーションとデザインに関する
本当に優れたメッセージだけを絞り込んだ。
次のフライトでこの本を通読するといい。
着いたときには、新たな見識を分かち合えるだろう。
―トム・ケリー(IDEOゼネラルマネジャー/『発想する会社!』著者)

この本で初めてこの著者にふれた人は、
きっと圧倒されるだろう。
秀逸で新鮮なコンテンツを提供する本書は、
ビジュアル面でも傑作だ。
―ガー・レイノルズ(『プレゼンテーションZen』著者)

短いながら実に魅力的なこの本で、
ニューマイヤーはマネジメントの美学を手ほどきしてくれる。
本書を読めば、
なぜデザインを企業のコアコンピタンスとすべきかがわかるはずだ。
―ロジャー・マーティン(『インテグレーティブ・シンキング』著者)

関連記事

テーマ:本に関すること - ジャンル:本・雑誌

  1. 2012/10/23(火) 12:00:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<TOKYO図書館紀行 (玄光社MOOK TOKYO INTELLIGENT TRIP 1) ユニークな図書館をテーマ別に紹介 | ホーム | レイアウト、基本の「き」 意識して「見る」ことを、実践をふまえて多数紹介 佐藤直樹>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wakkyhr.blog.fc2.com/tb.php/511-262d654d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

主な活動


本屋をもっと楽しむポータルサイト

本屋好きの営むネット古本屋(開店準備中)

プロフィール

wakkyhr

Author:wakkyhr
ネット古本屋・本屋好き・本好き・イベント企画。本屋で面白いことをしたいのです。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。