本屋好きの日常

BOOKSHOP LOVER=本屋好きの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

写真家の勉強シリーズ③ 川内倫子

日本の写真家。日常生活を切り取りつつ、その中にある生と死のもろさを表現する写真を撮る。 Wikipediaより

ローライフレックスという6×6の正方形の撮影サイズが特徴のカメラを使う。

川内倫子さんの写真と出会ったのは写真雑誌「IMA」の創刊準備号だった。確か「ILLUMINATY」の中から抜粋した写真を載せていたと思う。そこに載っていたのは海の向こう側で閃く雷光。その一瞬を捉えたことだとか、全体に漂う静謐さだったりとか、理屈は良く分からないがとにかく「すげえ!」と一目ぼれした。写真に一目ぼれしたのはその時が初めてで写真集を買ったのも川内倫子さんのが初めてだ。

それまでは、写真なんてあったものを写しただけで何が面白いのだろうと何をありがたがるのか意味が分からなかった。ところが、川内倫子さんの写真を見て、IMAで写真の何たるかを少しだけれど勉強できたことで急にただのモノが輝きだした。絵よりつまらないただ写しただけのモノが、そのとき唯一無二の表現に変わったのだ。
写真展にも行った。トークショーも聞きに行った。面白かったのはトークショーでのことでとても自然体だったこと。それでいて戦略的で、かと思えば、どうしようもないくらい感覚的で。「理性と感性が高いレベルで同居している人」。それがトークを聞いてぼくが感じた川内倫子さんの印象だ。

同じトークショーで聞いたことだが、写真集を作るために写真を撮っているらしく、だから、一つ一つの写真に文脈が少なくまるで短歌か俳句のような、また日本刀のような冷たいみずみずしさを感じるのかと妙に納得した。「写真集にする」という動機が「子供時代から本が好きだったから」というのもなんだか嬉しかった。


川内さんの写真集は常に、生と死、その循環のサイクルについて考えさせられます
ね。

同じテーマが根底に流れています。なぜ、生まれて来たのか、それは誰もが抱く人類
共通の謎。小さい頃に感じたことがそのまま影響しているとも思います。写真は日記
のようなもの。絵だと、頭の中で作ってしまうところがあるけれど、写真は現実が写
りますよね。自分の内側と外側の世界の接点でもあって、「私は昨日これを見た」と
いう確認ができる。わりと呑まれちゃうタイプなので、常に「私はここにいる」とい
うことを確認しながら、ゆっくりと進みたくて。



http://www.public-image.org/interview/2008/04/22/rinko-kawauchi.html

ところで、川内倫子さんが影響を受けた写真家って誰なんだろう。ちょっとググっただけじゃ分からないなー。うーん、芋づる式に勉強したいのに…誰か知っている人教えてください!!

参考資料
日経新聞「写真に写らないものを見たい 川内倫子が切りとる世界」
②東京都写真美術館 「照度 あめつち 影を見る」展
クリエーターズ ファイル20
PHOTO MORE INTERVIEW 川内倫子インタビュー「「なぜ写真を撮るのか」をいつも繰り返す問いかけて」
公式サイト
公式ブログ「りんこ日記」

以下、刊行写真集。

関連記事
  1. 2013/02/05(火) 23:36:11|
  2. 写真家
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2013.1.15 日記を書くことにしました。 | ホーム | 写真家の勉強シリーズ② 牛腸茂雄(1946年11月2日 - 1983年3月6日)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wakkyhr.blog.fc2.com/tb.php/553-3ed38a8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

主な活動


本屋をもっと楽しむポータルサイト

本屋好きの営むネット古本屋(開店準備中)

プロフィール

wakkyhr

Author:wakkyhr
ネット古本屋・本屋好き・本好き・イベント企画。本屋で面白いことをしたいのです。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。