本屋好きの日常

BOOKSHOP LOVER=本屋好きの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2014.5.31,6.1 10 over 9 reading club,第3回図録放出会,式の衣装合わせ

体調不良をおして10 over 9 reading clubに。
今日はマザーハウスの副社長・山崎さんの選書を読む会。
日本人著書と外国人著書で分かれる。
ぼくは日本人著書グループで内沼晋太郎『本の逆襲』を。他の方は『アース・ダイバー』だったり『無印良品の思想』だったりマルちゃんの海外戦略本だったり。
外国人著書グループはボードリヤール『消費社会の神話と構造』を元に語り合った。

我々、日本人著書グループはマザーハウス副社長による選書ということで店舗戦略の中で戦術的な部分として選書を読み解いた。
立地×空間×モノをすべて考えた上での出店が必要で。でも、現在の刹那的な消費の中で生きていこうと付き合わざるを得ない。そのバランスをとるのが大変だが先ほどの三要素に時間軸を加えた上でお客さんと共に育っていくことが大事という結論に。「時間軸」というと分かりにくいのでこれを「美しさ」と言い換えても良い。対して刹那的な消費を「快楽」とする。「美しさ」という基準を広めることが重要なのだ。

外国人著書グループはもっとマス的に消費社会を読み解いた。
大まかに言って産業革命以降から①製品の宣伝
②欲望を喚起するための産業的広告
③純粋なコミュニケーション
という形に広告は進化したという話。
①②はモノの消費に対して③はヒトの消費。①から②の意向は同じモノの消費だが③はヒトの消費となりまったく次元が違う。③はお金を稼ぐことが難しいこともあり現代は②から③への移行期的苦しみの中にある。その中でどうやって生きていくか。

ぼくは技術と小商いがキーワードだと思うがどうだろうか。日本だと対抗概念として語られることが多いがぼくはそんなことはないと思う。むしろ無印良品やマザーハウスのように技術が小商いを促進すると思うのだ。

その後の飲み会ではカンヌ缶の次弾についても話す。どうしたものかなあ。考えなきゃ。

やはり、面白いことを話したり考えたりするのは良い。体調など関係なくなる。そういうときをもっと増やすようにしないとな。

・10 over 9 reading club https://www.facebook.com/10over9

2014.6.1
芸術学舎でやっていた第3会図録放出会に仕入れに行ってきた。森岡書店の森岡さんとBRUTUSの元編集長・鈴木芳雄さんが語る図録収集の楽しみ的トークショーも拝聴。駆け出しながらも古本屋魂が疼いてくる楽しいひととき。「これは価値が上がるぞ!」っていう直感をもっと磨かなければいかんな。
買ったのは草間彌生展「永遠の永遠の永遠」図録、チョコレート展の図録、「VOCA '94-'13」図録、「写真の飛躍」展図録、『芸術表象コンセプトブック アート・プラットフォーム』の5冊。掘り出し物とはいえないけど面白そうなのを変えたので良しとする。在庫少ないししばらくは「迷ったら買う」の精神が必要なのだ。

・6月1日(日)「第3回 図録放出会」が開催されます http://blog.goo.ne.jp/harold1234/e/64dffdb11dbc46eab568c61aadf63e20

そのあとは結婚式のための衣装合わせ。サイズ・デザインともに一瞬で決める。
え? やる気が無いって? 
チガイマスヨー、インスピレーションデスヨー
関連記事
  1. 2014/05/31(土) 23:01:48|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2014.6.2 ステーキ、ヤン・シュヴァンクマイエル | ホーム | 2014.5.30 風邪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wakkyhr.blog.fc2.com/tb.php/670-0491a5bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

主な活動


本屋をもっと楽しむポータルサイト

本屋好きの営むネット古本屋(開店準備中)

プロフィール

wakkyhr

Author:wakkyhr
ネット古本屋・本屋好き・本好き・イベント企画。本屋で面白いことをしたいのです。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。