本屋好きの日常

BOOKSHOP LOVER=本屋好きの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

映画:ソーシャル・ネットワーク

 もう一ヶ月ほど前になるけど、話題の映画「ソーシャル・ネットワーク」とちょっと古い映画「パイレーツ・オブ・シリコンバレー」(1999)(こっち派DVDで)を続けて観た


 そこで、どちらもデジタルで世界を革命的に変えた人々の物語だということで、比較してみようと思うんだけど、とりあえず両方の感想を書こうと思う


 一昨日は「パイレーツ・オブ・シリコンバレー」の感想を書いたので、今日は「ソーシャル・ネットワーク」の感想

(なお、僕はネットやPCに関してほぼ素人であるので、映画やツイッター、wikiなどで今まで見聞きしたことを元にして書いていることを断っておく)

ペタしてね


 一ヶ月ほど前、ツイッターに嵌ってから半年くらい経って、フォローした人々の話題からフェイスブックにも興味を持つようになったけど、

やろうかなあどうしようかなあ

と迷っていた頃に、

「これは丁度良い」

と思って観てみた



面白かった!!



 内容はというと


 フェイスブックの創業者マーク・ザッカーバーグが2件の訴訟を抱えており、その訴訟の原因となった事柄を含めて、フェイスブックがどのように大きくなっていったかをエンターテイメントとして描いた作品、といえる


 以下、もう少し詳しく概要を書いたもの

____________________________

 物語は、ザッカーバーグが彼女にふられたときに、酔った勢いで腹いせの意味もあり、ブログに彼女の悪口を書きながら、学内の女性の比較サイトを作るところから始まる

 そのサイトは勿論一晩で閉鎖され、女生徒からの評判は最悪になり、学校からも謹慎処分を受ける羽目になる

 だが、サイトのうわさを聞きつけた同じハーバード大学の学生から、「あるサイトを作りたいからプログラマーとして手伝ってくれないか」と持ちかけられる

 これが現在のフェイスブックであり、ザッカーバークは元のアイデアを彼ら(持ちかけた学生)から盗んだことになる

 これが一つ目の訴訟

 ザッカーバークはこのフェイスブックを立ち上げるのにサーバー代金が要るとして寮の同居人にCFOとして働いてもらうことにする

 うまく資金を借りることができ、フェイスブックは順調に成長するが、出資者を募る過程で起業家ショーン・パーカーに出会う

 ショーンと相棒の反りは合わず、というかシリコンバレーのやり方に相棒はついていけず、最終的に相棒を裏切るという形でザッカーバーグは、相棒を切り捨てることになる

 相棒から不公平だということで訴えられているのが二つ目の訴訟

 これら二つの訴訟を軸に、女性にモテなかったザッカーバーグがモテるようになったり、派手好きのショーンとクラブで遊んだり、金の関係で問題が起こったりといった内容となっている

概要終わり
___________________________



 僕としてはもう少しフェイスブックの技術的な部分とかプログラマーならではの悩みみたいなところも描写して欲しかったので、少し物足りなかった

 でも、


「フェイスブックってどういうのなんだろ?」
とか
「やってみようかな?」
とか



そう思っている人には楽しめる内容になっていると思う



 強引にまとめると「急進的なベンチャーにおける光と影」みたいな内容とも言えるし





 印象的な台詞は

 相棒が怒って講座を凍結したせいでサーバーが後一歩で落ちそうになった時、ザッカーバーグが相棒に言った台詞

「いつでもつながっていられることが重要なんだ。一度でも落ちたらみんな離れていってしまうんだ!」
(うろ覚えなので、正確ではないと思うけど、内容はこんな感じ)


 フェイスブックの本質をついた良い台詞だと思う



 その他にも全編に渡って流れるスピード感(ザッカーバークの早口は圧巻だった)や起業家の孤独を表したような音楽などエンターテイメントとして極上の出来だったと思う


 スピード感については、ホリエモンの小説「拝金」に通じるスピード感とでも言えばいいだろうか


 本当はもっと濃くて長い話になりそうなものを、簡潔に、明確に、しかも、誰でも面白く楽しめるように表現したという点で非情に秀逸な映画だと思った


 ちなみに実際のザッカーバークは映画とは全く違うようだ
 そもそも監督はザッカーバーク本人に会ったことないみたいだし(周辺人物に対する聞き込みなどの取材で作った)


 だから、これが真実ではないけど入り口としてはお勧め


Pirates of Silicon Valley [VHS] [Import]/Noah Wyle,Joey Slotnick,J.G. Hertzler

¥1,280
Amazon.co.jp

拝金/堀江 貴文

¥1,470
Amazon.co.jp

関連記事
  1. 2011/02/18(金) 20:10:40|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<DVD:告白(1) ~あらすじ~ | ホーム | DVD:パイレーツ・オブ・シリコンバレー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wakkyhr.blog.fc2.com/tb.php/91-fa44bb25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

主な活動


本屋をもっと楽しむポータルサイト

本屋好きの営むネット古本屋(開店準備中)

プロフィール

wakkyhr

Author:wakkyhr
ネット古本屋・本屋好き・本好き・イベント企画。本屋で面白いことをしたいのです。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。